top of page

カンボジアの子どもたちへの医療の質向上について


カンボ ジアの子どもたちへの医療の質向上について


プロジェクト: 負傷して重篤な状態なったカンボジアの子どもたちをケアため、早急な対応、リハビリテーション、集中治療などの医療サービスを提供します。.


起源/由来: 永寶公益財団法人は、すべての子どもたちが健やかに成長することが当たり前の権利であると考え、カンボジア全土における小児医療の推進と、医療スタッフの小児医療に関する知識の育成・向上を図ります。また、カンボジアの子どもたちのために常に良好な医療環境を整備するために、アンコール小児病院(Angkor Hospital for Children,AHC)と連携しています。


成果/実績 : 2021年前半、AHC小児集中治療室(PICU)は、永寶公益財団法人の支援により、カンボジアの重篤な病気の子どもたちに質の高い医療を継続的に提供できました。


2021年半ばのハイライト:

  • 重篤な病気の子どもたちとその介護者に対する治療およびベッドサイドでの教育。

  • 医療・看護スタッフに対する基本的な再教育研修を実施。

  • HCAI細菌感染を厳格に監視した結果、HCAI細菌感染の発生率は2020年の同時期と比較して44%減少しました。

  • 定期的な研修と感染予防管理(IPC)の実施により、衛生遵守率は91.3%に達しました。

今後の計画:医療スタッフの能力を向上させるため、継続的な応用教育と体験学習を通じて集中治療が必要な重症な子どもたちに治療を提供し、AHC PICUを継続的に支援する予定です。さらにAHC PICUは、後天性感染の発生を予防するために特殊な洗浄・消毒装置への投資を計画しています。




Comments


bottom of page