top of page

小児患者における急性骨髄性白血病の治療のパイオニア

プロジェクト: 小児急性骨髄性白血病の治療計画


プロジェクト ストーリー: 2012年以降、アンコール小児病院 (AHC) は国際的ながん専門家と協力して、一般的な小児がんの治療法を積極的に開発し、治癒の成果を向上させてきました。AHCは、急性リンパ芽球性白血病 (ALL) および網膜芽細胞腫 (RB) の研究に専念する腫瘍学者、血液学者、腫瘍学の薬剤師、専門病院のサポートスタッフからなる高度なスキルを持ったチームを編成。より効果的な治療計画を策定するために、全方位で協力体制を整えつつ、小児患者に質の高い医療を提供することに尽力しています。


永寶公益財団法人は、アンコール小児病院(AHC)とのパートナーシップを強化しています。*2023年、永寶公益財団法人とAHCはカンボジアの小児がん患者の救命治療の強化に焦点を当て、3年間のプログラムを始動させました。プロジェクトの主な目的は次の3つになります:


1. カンボジア初の急性骨髄性白血病(AML)治療薬


*AHCの上級研究員であるサムリー・ヴァナック博士は、過去2年間にわたり、国際的ながん専門家と協力し、カンボジアでは現在有効な治療法がない血液がんである急性骨髄性白血病(AML)の画期的な治療法を開発しました。この治療法は、2022年末にAHC執行委員会にて承認され、2025年までに毎年20人のAML患者を治療することを見込んでいます。AHCはこの3年間のプロジェクトを通じてAML治療の範囲を拡大し、心身を問わずAHCの治療の枠組みに沿って複数の病院の診療科にまたがる統合的な専門治療を患者に提供することができます。これらのサポートには、経済的な理由で長期にわたる治療が困難な家族に対して移動や食事支援などの必要不可欠な支援をすることも含まれます。


2. AHCの腫瘍学プログラムへの投資


*化学療法に安全な医療環境を提供し、感染リスクを軽減するため、AHCは2020年から腫瘍科病棟の建設を計画しており、現在14床と隔離エリアがあります。

今後3年間の寄付計画は、病院の医療能力と病床規模を拡大することを目的としています。一部の経費は小児がん患者に最高のケアを提供するための新しいベッドや必要な医療機器の調達、及び病棟の収容能力の拡大、最新鋭の設備の導入に使用されます。


3. 小児腫瘍学の知識の共有


*AHCには確かな教育システムがあり、毎年数百人の看護師、研修生、医学生の教育に取り組んでいます。永寶公益財団法人の助成を受けることで、こうした教育面を増強し、網膜芽細胞腫、白血病、骨肉腫、バーキットリンパ腫、ホジキンリンパ腫などの特定の種類のがんの診断と治療に関するトレーニングを提供することができるようになります。助成が医療の専門知識をさらに高めるきっかけとなり、小児がん患者に質の高い医療を提供するというAHCの取り組みの推進に役立ちます。


プロジェクトの成果/実績:

1 年目から 2023 年半ばまでのハイライト

  • 51件の新たながん診断

  • 10種類がんの治療

  • 8人の患者にホスピスケアを提供

  • 25人の患者に化学療法を実施


腫瘍病棟は、電気システムの全面的な見直し、照明制御システムの強化、患者に快適な環境を整えるための空調設備の導入を含めて改修工事が行われました。


腫瘍治療病棟は、腫瘍患者の入院と、慢性または急性の呼吸器疾患、腎臓、血液疾患の患者に専門的なケアを提供するという2つの役割を担っています。これらは病院の厳格な感染予防対策の一環でもあり、多様なニーズを持つ患者に安心できる環境を提供いたします。現在進行中の改修工事は終了し、AHCの医療施設は総合的にアップグレードされる予定です。


プロジェクトの課題:


プロジェクトの始動から6ヶ月間に、2つの大きな問題に直面しました。1つ目は、病院への搬送が遅れたために適切な治療が受けられない患者がいたこと。重度のAML合併症を持つ患者は、安全に化学療法を受けることができず、ホスピスケアが必要でした。2つ目は、カンボジアでは他の医療機関や病院への紹介ルートが確立されていないこと。カンボジアにて少数の腫瘍治療センター間のパートナーシップを確立することは、本プロジェクトにとって大きな課題となっています。これらの問題に対処するために、本計画は早期発見の重要性を強調し、紹介経路を簡略化。より緊密な医療連携を構築することとしました。


プロジェクトの将来性について:


AHCは2023年第3四半期に24床の集中治療室(ICU)の改修工事に着手する予定です。全ベッドシーツの交換も含むなど、患者の治療環境の改善に取り組んでいます。既存の集中治療室のサービスを向上させ、より快適で効率的な治療空間となることに期待が寄せられています。


さらに、AHC腫瘍学チームに、がん看護専門看護師が導入されます。これにより、化学療法薬の投与が容易になり、治療中の患者のタイムリーなモニタリングが可能となります。 異分野の専門家同士のチームワークは、小児がん患者に包括的で質の高いケアを提供するというAHC の取り組みの一環でもあります。


このプロジェクトに対する長期的な資金提供はとても重要だといえるでしょう。皆様の力によってカンボジアの小児がん医療体制に根本から変化をもたらし、今までにできなかった効果的な医療対応を通じて若年患者の生活を改善できることを願っています。


皆様からの継続的な関心と支援は、プロジェクトの成功の大きな鍵となります。

今後の結果と最新情報にご期待ください。

Bình luận


bottom of page